Loading…

スポンサーサイト

Posted by Down.. on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人は事象についてコントロール願望を持つ

Posted by Down.. on 21.2012 未分類   0 comments   0 trackback
多くの人は様々なコントロールイリュージョンを抱きます。
皆さんはコントロールイリュージョンという言葉を知っていますでしょうか。
人間は多くの事象について、自分自身でコントロールしていたいと考える人間の本性の1つです。

例えば貴方は、とある野球チームの投手だったとします。
週に1度他のチームと試合を行います。
貴方は野球を心から愛していますし、
自分の実力にも自信を持っています。
勿論その自信は主観的なものであり、客観的なものであるとは限りません。

他のチームとの試合で負けると、
貴方は心のどこかで仲間のせいにしてこう考えるかもしれません。
「自分は悪くなかった。多少悪かったとしても負けた原因の多くは弱いチームメンバーにある」と。

一方で他のチームとの試合で勝ったときにはこう考えるのです。
「自分が良いピッチングをしたから勝てた。自分がチームの勝利に大きく貢献したんだ」と。

これもコントロールイリュージョンの1つで、
一般的に、影響力を通じたコントロール願望と呼ばれます。
コントロールイリュージョンには全部で5種類あるとされています。
こういったコントロールイリュージョンにより、
人は大事な局面や、そうでない局面にも、正常な判断や認知を下せない事が多々あります。
こういった現象を起こしてしまうのは、
主体がコントロール出来ない事象について、支配できると考えてしまうことに原因があります。

正常な認知を下す為には、人は謙虚であるべきなのかもしれません。

コントロールイリュージョンについてお話しました。

スポンサーサイト


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://kawaona0324.blog83.fc2.com/tb.php/5-3f1983a7

プロフィール

Down..

Author:Down..
某大学で経済学を専攻しています。
金融工学論などの伝統的な経済学にはあまり興味がなく、
数年前から行動経済学を主に学んでいます。
大脳生理学や心理学の観点から市場経済のメカニズムや
伝統的経済学のアノマリーの解明を試みています。
ギター/音楽鑑賞/ゲーム/囲碁などが趣味です。
投資家や日銀等、経済と直で触れ合える職につきたいです。

日常の中で面白い事があったり、
自分自身の知的好奇心の捌け口として
ブログを活用したいと考えています。

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

ひつじさん

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。